緑茶やコーヒーをよく飲むと、死亡するリスクが減少! (2015-05-11)|日本RME

  医療開業支援コンサル・360度パノラマ画像制作サービス|株式会社日本RME(アールエムイー)
プレスリリース コンセプト サービスメニュー 用語集 会社概要 お問い合わせ
 
*
医療開業支援サービスメニュー
*
九州・福岡を中心に新規開業医療機関の皆様へ物件紹介を起点に各種医療開業支援体制で医療開業支援をいたします。
*
テナントをお探しの方はこちら
*
→日本RMEのクリニックモール
→日本RMEの開業の種類
→診療圏調査
→医療継承サポート
→PR・広報
→各種代行手続き
→医療法人設立について
*
*
*
*
開業医の皆様、土地オーナー様お気軽にお問い合わせください。
*
(株)日本RME 092-481-1755
*
福岡市博多区博多駅東1-10-23
新幹線ビル1号館 5F
*
フォームによるお問い合わせはこちら
*
*
*
貸事務所・天神周辺テナント・博多駅貸店舗・福岡賃貸オフィス貸し事務所 RISO-NET
*
倉庫 事務所 テナント 天神博多駅福岡 貸し店舗 倉庫空き物件紹介|理創流通事業部
*
↑一覧へ 次へ→

2015/05/11
緑茶やコーヒーをよく飲むと、死亡するリスクが減少!

日本人の成人約9万人の平均19年間の追跡調査で、緑茶やコーヒーを毎日よく飲む人は、ほとんど飲まない人に比べて心臓や脳血管の病気で死亡する危険性が1〜4割程度低かったとの研究結果を、国立がん研究センターと東京大のチームが7日発表しました。

コーヒーに含まれるポリフェノール、緑茶に含まれるカテキンが血圧を下げ、両方に含まれるカフェインが血管や呼吸器の働きをよくしている可能性があるそうです。

チームは、全国の40~69歳の健康な男女約9万人を1990年以降、平均19年間追跡調査。

緑茶やコーヒーの摂取量と、心臓病や脳卒中、肺炎など日本人の主な死因で亡くなる可能性との関連を解析。緑茶を1日5杯以上飲む人は、1杯未満の人に比べて、死亡するリスクが男性は13%、女性は17%下がっていました。

また、コーヒーを1日3~4杯飲む人は、ほとんど飲まない人よりも死亡リスクが24%減り、特に脳卒中については43%も低下していました。
5杯以上飲む人については十分なデータが得られず、明確な有効性は確認できなかったそうです。

調査に関わった井上真奈美・東京大特任教授は「緑茶やコーヒーをよく飲めば万全というわけではなく、喫煙や飲酒などの生活習慣の改善も重要だ」と指摘しています。

↑一覧へ 次へ→
日本RMEサイトTOPへ戻る
*
*
*
* * *
*
株式会社日本アールエムイー(日本RisoMedicalEstate) 福岡市博多区博多駅東1丁目10番23号 新幹線ビル1号館 5F

ホームプレスリリースコンセプトサービスメニュー会社概要お問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ

*
*
プライバシーポリシー サイトマップ このページの上部へ
Copyrights (c) 2006-2014 Nihon Riso Medical Estate Corporation . All Rights Reserved.