東大、室内光で発電し、音で発熱を知らせる腕章型フレキシブル体温計を開発 (2015-03-12)|日本RME

  医療開業支援コンサル・360度パノラマ画像制作サービス|株式会社日本RME(アールエムイー)
プレスリリース コンセプト サービスメニュー 用語集 会社概要 お問い合わせ
 
*
医療開業支援サービスメニュー
*
九州・福岡を中心に新規開業医療機関の皆様へ物件紹介を起点に各種医療開業支援体制で医療開業支援をいたします。
*
テナントをお探しの方はこちら
*
→日本RMEのクリニックモール
→日本RMEの開業の種類
→診療圏調査
→医療継承サポート
→PR・広報
→各種代行手続き
→医療法人設立について
*
*
*
*
開業医の皆様、土地オーナー様お気軽にお問い合わせください。
*
(株)日本RME 092-481-1755
*
福岡市博多区博多駅東1-10-23
新幹線ビル1号館 5F
*
フォームによるお問い合わせはこちら
*
*
*
貸事務所・天神周辺テナント・博多駅貸店舗・福岡賃貸オフィス貸し事務所 RISO-NET
*
倉庫 事務所 テナント 天神博多駅福岡 貸し店舗 倉庫空き物件紹介|理創流通事業部
*
←前へ ↑一覧へ 次へ→

2015/03/12
東大、室内光で発電し、音で発熱を知らせる腕章型フレキシブル体温計を開発

東京大学(東大)と科学技術振興機構(JST)は2月23日、室内の光で発電し、音で発熱を知らせる有機集積回路を用いた腕章型フレキシブル体温計を開発したと発表しました。

同成果は東大の桜井貴康 教授、染谷隆夫 教授らの研究グループによるもので、2015年2月22日~26日の間、米サンフランシスコで開催されている「国際固体回路会議(ISSCC)2015」で発表される。

この腕章型体温計は、有機集積回路、温度センサー、フレキシブルな太陽電池とピエゾフィルムスピーカーで構成され、上腕部に取り付け、体温が設定値を超えると周囲に音で知らせる機能を持つほか、電力を太陽電池で賄うことができるため、電池交換などのメンテナンスが不要。

フレキシブルな有機集積回路とスピーカーを用いて音を発生させたこと、部屋の明るさに応じて電圧を調整する有機電源回路を有機トランジスタだけで実現したことは世界で初めてという。

今回の研究成果は水分や圧力などさまざまなセンサーへの応用が可能で、ブザー音だけでなく数値などの情報を音に乗せて送ることも原理上は可能としており、発熱したかどうかだけでなく体温などの測定結果を送信する技術への応用も期待される。 

一方、太陽電池の電力だけで動作するため、夜間や暗い環境では使用できないという課題があり、フレキシブルな充電池やキャパシタが将来的に開発されることで夜間でも動作することも可能になると考えられています。

←前へ ↑一覧へ 次へ→
日本RMEサイトTOPへ戻る
*
*
*
* * *
*
株式会社日本アールエムイー(日本RisoMedicalEstate) 福岡市博多区博多駅東1丁目10番23号 新幹線ビル1号館 5F

ホームプレスリリースコンセプトサービスメニュー会社概要お問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ

*
*
プライバシーポリシー サイトマップ このページの上部へ
Copyrights (c) 2006-2014 Nihon Riso Medical Estate Corporation . All Rights Reserved.